初個展 小野象平展を開催します


小野象平さんは1985年愛知県に生まれ、現在高知県香美市にて作陶されています。
父である陶芸家・小野哲平氏の元で、ものづくりの姿を見て育ちました。愛知の陶芸家・鯉江良二氏に弟子入り。独立後は、自ら山に土を掘り、釉薬の原料も一から作る器作りを実践されています。DMでご紹介している青は、土と釉薬が反応して生まれる自然の青。力強く神秘的な美しさを秘めています。碗や皿、鉢、そして花器。うつわ祥見で初めての個展となります。ぜひ足を御運びください。

 

小野象平展
会期:2018年10月6日(土)~10月15日(月)
作家在廊日:10月6日、7日 会期中休:10月9日(火)
うつわ祥見KAMAKURA
鎌倉市小町1-6-13 コトブキハウス2階
0467-23-1395
12時-18時
鎌倉駅東口徒歩1分

 
同時開催 小野象平展IN台湾 2018年10月13日(土)~10月31日(水)
会場:小器藝廊 xiaoqi +g
住所:台北市大同區赤峰街17巷4號
TEL:02 2559 9260

写真: 三嶋義秀