ツボる 再び。 東京・神宮前のギャラリー441にて 開催いたします

プロジェクト第一弾として、2021年3月、国立新美術館地階・SFTギャラリーにて7人の作家の新作の壺200点を紹介した展覧会「ツボる」。音楽、グラフィック、空間設計に様々な分野のクリエイターが参加した展覧会でしたが、緊急事態宣言発令下、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、美術館休館に伴い会期半ばで終了しました。

12月、東京・神宮前のギャラリー441にて、ツボる第二弾を開催いたします。

より強く、たおやかに、密度を高めて、三日間だけの開催です。

お見逃しなく、ぜひ、お出かけください。

 

ツボる  

出展作家:荒川真吾 小野哲平 田宮亜紀 森岡由利子

会期:2021年12月17日(金)〜12月19日(日)

会場:ギャラリー441

住所:東京都渋谷区神宮前5-21-1 マハール表参道ビル1階

時間:

12月17日(金)  15:00〜21:00 (最終入場20:00)

12月18日(土) 11:00〜20:00  

12月19日(日) 11:00〜18:00

主催:ツボるプロジェクト  うつわ祥見KAMAKURA 

 

ツボるプロジェクト 

キュレーター 祥見知生

クリエイティブディレクター 渡邊裕文

アートディレクター 渡邊裕文 小柳祐介

フォトグラファー 西部裕介

コピーライター 小川 祐人

デザイナー 土細工雅也 唐鎌大也

ツボる音楽制作チーム

クリエーター 小柳祐介

ジェネラティブサウンドデザイン Katsuhiro Chiba

クリエーティブテクノロジスト 村上晋太郎 中山桃歌 斧涼之介

美術 小林康秀

ツボるTシャツ印刷 駒形悦雄(インダストリアルプロダクツ)