CIBONE CASEにて 「長く使い続けたいもの 永島義教のカトラリー」展開催いたします


ステンレス、真鍮、アルミニウムなど、異なる金属を丁寧に鍛金し焼き入れをして作られた、日常への美意識。使い込むほどに、使い手になじみ、時を経るごとに、日常になじむ、深い愛着を持って接することのできるカトラリーやプレートが200点を超えて、並びます。

 

長く使い続けたいもの

永島義教のカトラリー

2020122() – 211()

会場: CIBONE CASE

104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 4F

Phone 03-5537-3101

 

永島義教

1979年福岡県生まれ、2003年多摩美術大学工芸科卒業。2005年東京藝術大学大学院修了。ステンレンスの素材を使い、美意識によって整えられた緊張感があり美しく、かつ使い勝手のよい優れたカトラリーを発表し支持を得る。