愛知県陶磁美術館ギャラリー にて 青木亮展を開催いたします


愛知県陶磁美術館ギャラリー にて 青木亮展を開催いたします。

2005年に急逝した陶芸家・青木亮氏は、粉引・刷毛目を中心に、焼締、白釉、鉄釉など、多彩な表現の焼きものに取り組みました。

生前、作家は、気に入った作品を手元にいくつか残して、いずれ販売を目的としない作品展をしたいと語っていました。

このたび、没後15年となる2020年、陶芸を学んだ瀬戸の地で、青木亮展を開催いたします。

青木氏は瀬戸にある窯業訓練校(現・愛知県立名古屋高等技術専門校窯業校)に在籍時通い詰めた愛知県陶磁資料館(現・愛知県陶磁美術館)の常設展示にて、ひとつの名もなき茶碗に出合い、その後、焼きものに没頭していきます。

本展では、生前自ら手元に残した作品を含む、うつわ、茶碗、壷など100点を超える作品を一堂に展示いたします。

ぜひお出かけになり、この機会に青木亮氏の作品をご覧ください。

 

【展覧会概要】

青木亮展

会期/ 2020年3月14 日(土)〜3月29日(日)  休館日/3月16日(月)、3月23日(月)

会場/ 愛知県陶磁美術館 ギャラリー

〒489-0965愛知県瀬戸市南山口町234   TEL0561-84-7474 FAX0561-84-4932

開場時間/午前9時30分〜午後4時30分(入館は午後4時まで)

毎週月曜日休館 (会期中休館日/3月16日(月)、3月23日(月))

観覧/無料(他の展示をご覧になるには観覧料が必要です)

主催/SHOKEN inc.  協力/株式会社ADP(ADP Company | Art Design Publishing)

 

【ギャラリートーク】

会場にて、桃居・店主の広瀬一郎氏、そして陶芸家の村木雄児さんのギャラリートークを行います。

日時/ 3月14日(土) 14時〜15時 広瀬一郎氏(桃居 店主) 聞き手 祥見知生

3月22 日(日) 14時〜15時 村木雄児氏(陶芸家) 聞き手 祥見知生

※ご参加自由/無料/事前予約不要です。

※時間までに会場内にお集まりください。

当日諸事情により内容が変更になる場合がございます。ご了承願います。

 

【アクセス】

公共交通機関/

地下鉄東山線終点「藤が丘」駅下車、リニモ「藤が丘」から「八草」行き「陶磁資料館南」駅下車、徒歩600m

名鉄瀬戸線終点「尾張瀬戸」駅下車、「瀬戸駅前」のりば1から名鉄バス「菱野団地」経由「愛・地球博記念公園」行き「陶磁美術館」下車(土・日・休日のみ運行)

愛知環状鉄道「八草」駅下車、リニモ「八草」から「藤が丘」行き「陶磁資料館南」駅下車、徒歩600m

自家用車/ (駐車場無料:250台収容)

東名高速道路「日進JCT」経由、名古屋瀬戸道路「長久手IC」から足助・瀬戸方面に約5km 東名高速道路「名古屋IC」・名二環道「本郷IC」から瀬戸・長久手・足助方面に約10km 東海環状自動車道「せと赤津IC」から約7km

タクシー/ 地下鉄東山線・リニモ「藤が丘」駅から約20分 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸」駅から約15分

 

【関連書籍 作品集 刊行】

葛西薫氏デザインによる青木亮作品集『Aoki Ryo』がデザイン、アート、建築の専門出版社ADPより刊行されます。

刊行/株式会社ADP(ADP Company | Art Design Publishing)

企画・構成/祥見知生 (うつわ祥見 KAMAKURA)

ブックデザイン/葛西薫、都築陽(株式会社サン・アド)

撮影/西部裕介

プリンティングディレクター /熊倉桂三(株式会社山田写真製版所)

年譜作成/井上有紀(港の人)

印刷/株式会社山田写真製版所