とらや赤坂店にて、和菓子とうつわ展が開催されます


とらや赤坂店にて、和菓子とうつわ展が開催されます。

お茶を入れ、季節を愛でる和菓子をいただく時間、うつわは菓子をのせ、引き立て、その美味しさとともに心を満たします。このたび、うつわ作家13人による「和菓子とうつわ展」を開催いたします。粉引、刷毛目、三島、鉄釉、白磁、染付、色絵、織部など、さまざまな作風で活躍する現代の作り手のうつわを展示・販売いたします。豆皿、小皿、四方皿などの菓子皿を中心に、茶碗や湯呑みなど、和菓子とともに楽しむうつわをご紹介いたします。この機会にお越しいただき、どうぞゆっくりご覧ください。

会期: 2020年1月18日(土)~2月21日(金)     (会期中休1月25日〜27日、2月6日)

会場: とらや赤坂店 2階

住所:東京都港区赤坂4-9-22

平日8:30〜19:00  土日祝9:30〜18:00

出展作家/

尾形アツシ 小野象平 境知子 境道一 志村睦彦

竹花正弘 升たか 宮岡麻衣子 村上躍 村木雄児

横山拓也 吉田崇昭 吉田直嗣 (五十音順 敬称略)

 

展覧会によせて

このたび、和菓子をテーマにしたうつわをご提案させていただく機会に恵まれ、大変光栄に思います。

いま、うつわの世界は、陶芸家というよりうつわ作家と呼ばれる作り手が日々の暮らしに寄り添ううつわを作り、新しい価値を生み出しています。それらは、とても控えめで無垢な美しさに満ち、使う喜びを感じさせてくれるものです。

和菓子とうつわ、ふたつの言葉の重なりにこころ高まるものを感じています。

日本の奥ゆかしさ、なんでもないものの美しさが手の平に包めるほどの小さな世界に広がっていく愉しさ、幼いころの家族とのお茶の時間が記憶のすみずみからこみ上げてくるような懐かしさ。大切な方へのこころを尽くしたおもてなし。あたたかく包まれるような時間(とき)に、和菓子とうつわはいつも人のそばにあるように思います。

丹精こめられた和菓子を受け止める、それぞれの作り手の確かな仕事をご紹介いたします。ぜひご高覧くださいませ。

ディレクション/ 祥見知生 (うつわ祥見KAMAKURA)