取り扱い作家

阿南維也 Koreya Anan

img

1972年大分県生まれ。大分市にて作陶。
磁器の本場有田にて、有田窯業大学絵付科などを経て独立。大分にて白磁や青白磁を作る。端正に1本ずつ彫り進めて完成させる鎬の器など、手間がかかる手法に見るべきものがある。あたたかく誠実な日々の器。

荒賀文成 Fuminari Araga

img

1972年京都生まれ。京都府八幡市にて作陶。
美しく無駄のない轆轤から生まれる器には古いやきものへの目が随所に見られ、端正ばかりではなく、ふとした狭間に遊びこころが同居する魅力あふれる器を作る。めし碗や皿、鉢は、さり気なく食卓にのぼる日々の器である。

石田 誠 Makoto Ishida

img

1965年愛媛県生まれ。松山市にて作陶。
松山は砥部の磁器土でやわらかな表情のある紅毛手や、薪窯焼成による南蛮焼締など、やきもの本来の原点を常に見つめる素朴で包容力のある器を作る。器は作り手本人を映すと言われるが、どの表現にも感じられる器のあたたかさが何より魅力のひとつとなっている。

尾形アツシ Atsushi Ogata

img

1960年東京生まれ。奈良県宇陀市にて作陶。
奈良の山あいに住み、土の持ち味に逆らわず、原土に近く鉄分の多い土のよさを引き出す粉引き、刷毛目の器を作る。薪窯で焼成した器は食材を盛るとさらに生き生きと呼吸をはじめるような勢いのある器である。

小野哲平 Teppei Ono

img

1958年愛媛県生まれ。高知県香美市にて作陶
常滑を経て高知の棚田の美しい山あいにて、使う人を励ます力強く頼りがいのある日々の器を作る。インドやアジアの国々への旅を原点に、素朴さ、あたたかさ、純朴な豊かさを心に蓄え作る器にはごまかしのないおおらかな眼差しが感じられる。

小谷田 潤 Jun Koyata

img

1978年東京生まれ 八王子にて作陶。
常滑にて修行ののち、東京・八王子にて日々の器の制作をする。頑丈で使い心地に優れる土鍋は、機能美にあふれ、そして見惚れるほどスタイルがよく、人気となる。耐熱の器は自ら使い続けることで改良を重ねてきた逸品である。

小山乃文彦 Fumihiko Oyama

img

掛江祐造 Yuuzo Kakee

img

1970年生まれ。愛知県常滑にて作陶。
勢いのある轆轤と野生味を生かす、薪窯ならではの力強く豊かな表情の土の器を作っている。一客ずつ異なる器の風合い、色、手取り。使われてまろやかに育つ器は、土と暮していることを感じさせる日々の器である。

亀田大介 Daisuke Kameta

img

1975年福島県生まれ。大分県別府市にて作陶。
福島県浪江の大堀相馬焼の窯元に生まれ4代目として家業を継いでいたが、 震災で被災。神奈川県を経て大分県別府へ移り住み、作陶を再開された。ゆったりとした釉調の美しい白磁や、別府の原土を使った表情豊かな器を作る。手に馴染む器は人を想う気持ちにあふれ、やわらかであたたかく、使うたびに心に響いてくる美しい仕事である。

寒川義雄 Yoshio Kangawa

img

1963年山口県生まれ。広島市にて作陶。
暮らしのなかで繰り返し手に包まれる器を制作。薪窯焼成の引き締まった表情の土もの、白磁や堅手と呼ばれる半磁器の器など、多彩な表現の器を作る。鉄釉マットの黒は、控えめな美しさにふうれ、料理を美しく受け止める。リム皿や小さな小鉢など、完成の高い器は脇役をしめる器である。

鶴見宗次 Souji Tsurumi

img

1967年東京都生まれ。愛知県常滑にて作陶。
原土にこだわり手びねりで器を作る。豊かな土の表情が滋味深い。食材の色を美しく映す器は使ってさらに育つ素朴なよさがある。黒の肌合いは最初は小石まじりの手ざわりだが、使いこむことで風合いが変わってくる。

八田 亨 Toru Hatta

img

1977年石川県生まれ。大阪府堺市にて作陶。
土の可能性を追求し、土味にこだわり粉引き、三島を作る。土の色と、線彫りした白い文様のバランスが美しい三島の皿は、和洋を問わず食材の色を引き立てるので器の初心者にも使いやすい。丁寧に線彫りした表情はモダンで、食卓に映える。使うほどに土肌がしっとりと育ってくるので、その手触りの変化も楽しんで欲しい器である。

村上 躍 Yaku Murakami

img

1967年東京生まれ。現在神奈川にて作陶。
丹念に手びねりで作られる器の多くは用の美にかない、簡素な美しさにあふれる。 なかでもポットは使い心地、かたちの美しさが際立ち、茶をいただく道具として最上の器と評される。 丁寧な手から丹念に生まれる器は一つとして同じ表情がない。

村木雄児 Yuuji Muraki

img

1953年神奈川県生まれ。静岡県伊東市にて作陶。
粉引、唐津など土の良さを生かし、やきものの本質に根ざした日々の器を作る。使う人がいて完成される器は、使い手に寄り添うほど優しく、使われて時間が経つほどに味わいが深くなる和の器の醍醐味を教えてくれる。

村田 森 Sin Murata

img

1970年京都生まれ。現在京都にて作陶。
古伊万里、李朝の器を手本に染付けと白磁。陰刻や陽刻など、手間のかかる仕事に見るべきものがある。 朗らかな筆で描くユーモアのある絵付けが人気となる。 京都の山土を使った土の仕事にも取り組む。現在もっとも注目される作り手のひとり。

矢尾板克則 Katsunori Yaoita

img

横山拓也 Takuya Yokoyama

img

1973年神奈川生まれ。岐阜県多治見市にて作陶。
黒土に何度も白化粧を施した印象的な器をつくり注目される。それらは独特のかたちと存在感が際立つ。静けさと力強さの両方を内包した佇まいから土の線の美しさが訴えてくる。

吉岡萬理 Banri Yoshioka

img

1963年奈良県生まれ。奈良県桜井市にて作陶。
奈良は長谷寺のほど近く、清流の流れる場所に工房を持つ。おおらかで人を励ます朗らかな美しい器には世代を超えた人気がある。

吉田崇昭 Takaaki Yoshida

img

1976年福岡県生まれ。 福岡県にて作陶。
有田で本格的にやきものを始め、独立後は伝統的な初期伊万里の文様などに熱心に取り組み、染付の器を作っている。何気ない野の花を描くそれらの器は日常に寄り添い、食卓に優しさを運ぶような穏やかさがある。

吉田直嗣 Naotsugu Yoshida

img

1976年静岡県生まれ。静岡県御殿場市にて作陶。
白磁作家・黒田泰蔵氏に師事。独立後は鉄釉の黒の器を作り、 美しいかたち、深い色合いで独自の世界を作り出した。近年取り組んだ白磁の器は焼成方法、釉薬などの違いにより質感や色に表現の幅が生まれ、ますますこの作り手ならではの「白の器」に目が離せない。それらは食材をのせて「はっとする」美しい器たちなのである。

巳亦敬一 Keiichi Mimata

img

札幌市にてガラスの器を制作。
北海道で最も古い歴史を持つガラス工房の三代目。工房の歴史を大切に守りながら、吹きガラスによる作品を製作している。優美で細やかなかたちは、見ているだけでロマンティックな気持ちに。季節を問わず一年中使うことのできる、ぬくもりのあるグラスである。

東 敬恭 Yukiyasu Azuma

img

1969年岐阜市生まれ。 滋賀県東近江市にてガラスの器を制作。
日本の伝統的なガラス製法である「吹きガラス」で硝子作品を作る。透明さとシックさと華やかさを併せ持つ魅力的なガラスのうつわを生み出している。

矢澤寛彰 Hiroaki Yazawa

img

1977年神奈川県生まれ。鎌倉市にて漆の器を制作。
鎌倉彫の家に生まれ、幼少期から漆を使い、毎日触れる漆の心地よさを知り育つ。派手さがなく控えめな芯の強さを持ち、独自の品格を湛えている日々の漆を作る。桜や桂など日本に自生する木を器にする漆椀は、素朴でなんでもない美しさに満ちている。

▲TOP